企業法務も一般民事も気軽に相談できる福岡市の法律事務所

ホームへ

質の高いサービスを心がけ、お客様にご提供いたします。

刑事事件

1 起訴前の弁護活動
ある犯罪を犯したという容疑がかけられると、捜査機関による捜査が開始され、場合によっては、逮捕・勾留されて身柄を拘束されてしまいます。
 しかし、事案の内容や前科の状況等によっては、起訴前に弁護人を選任して弁護活動を行うことによって、起訴されずに終わるということもあります。
 また、結果的に起訴されることになったとしても、起訴前の段階から被害者との示談等の弁護活動を行うことによって、より軽い処分で終わることもあります。
 当事務所では、このような起訴前の弁護活動についても対応しております。
2 起訴後の弁護活動
犯罪を犯した容疑がかけられ、起訴されると、裁判所が処分(刑罰)を決めることになります。
 事案の内容にもよりますが、起訴された場合には、被害者との示談やその他の弁護活動によって、より軽い処分で終わることもあります。
 また、全く身に覚えのない容疑で起訴された場合には、裁判においてこれを争う必要があります。
 当事務所では、このような起訴後の弁護活動についても対応しております。
3 少年事件における付添人活動
未成年(少年)が犯した非行事件については、刑事裁判ではなく、家庭裁判所における少年審判手続によって、その処分が決まります。
 この少年審判手続においては、少年に付添人(刑事裁判における弁護人)を選任することができますが、当事務所では、付添人活動についても対応しております。



お問い合わせフォームはこちら

Comments are closed.